AX

病気 離婚 復縁

離婚回避の方法

病気で離婚を回避し復縁をした知り合いの話

読了までの目安時間:約 6分
病気 離婚 復縁

病気で離婚を回避し復縁をした

知り合いの話です。

 


スポンサードリンク

 

お父さん、お母さん、

娘さんの3人家族でした。

 

 

ラーメン屋さんを経営していました。

 

 

近所に大きい企業があり、

お昼はそこの社員さんが食べに来てくれて

とても繁盛していたそうです。

 

 

手が足りず、娘さんも就職をせずに

ラーメン屋さんの手伝いをしていました。

 

 

サービス業という事もあり感じの良い家族ですが、

お店が閉まったら一言も口をきかなかったそうです。

 

 

毎日毎日、家族で顔を付き合わせていたら

仕方ないかもしれません。

 

 

企業の移転にともないラーメン屋さんも

繁盛しなくなり、両親も歳をとり、娘の結婚を

きっかけにラーメン屋さんをたたみました。

 

 

お母さんが離婚したいと言い出しましたが、

娘さんに結婚式が済んで落ち着いてからにしてと

いわれてしまったそうです。

 

 

1回目の離婚回避です。

 

 

離婚話でショックをうけ体調を崩す

 

 

娘は嫁に行き、お父さんとお母さんは

別々にアパートを借りて暮らし、

家族はバラバラになりました。

 

離婚 ショック

 

すぐに孫が産まれてお母さんは

娘さんのお家に行き来していましたが、

お父さんだけが、かやの外でした。

 

 

2人目の孫も産まれ娘さんもお母さんの

手を借りたいという事でお母さんはアパートを

引き払い娘夫婦と同居しました。

 

 

娘が結婚し、孫が産まれてバタバタしていたので

まだ離婚していませんでした。

 

 

その後、正式に離婚したいと言われたお父さんは

承諾したもののショックだったのか

体調を崩し救急車で運ばれました。

 

離婚 ショック

 

脳梗塞です。

 

 

お母さんと娘と離れて暮らしてロクな食事を

していなかったらしくずっと

調子が悪かったようです。

 

 

脳のためには、離婚の話はしない方がよいとなり

2回目の離婚回避となりました。

 

 

入院している時は病院にお任せしてればよいですが

退院した時、お父さんの行き場がありません。

 

 

足に後遺症ができてもう働けないですし、

1人で暮らすのはしばらくは危ないので

娘さんがお父さんも引き取りました。

 

 

6人で暮らす為に買った家ではないので

とても狭く足が悪いお父さんには

暮らしにくい家でした。

 

 

離婚のタイミングを逃す

 

 

1年ほどお父さんを面倒みた娘さんが

本題を切り出しました。

 

離婚 タイミング

 

こんなことになって離婚するタイミングを

逃すってことは縁があるんだよ。

 

 

ここじゃ狭いから2人で住める住宅を借りて

やり直したら?と提案しました。

 

 

そもそもお母さんは、何で離婚

したかったかというと、お母さんは四六時中

一緒にいたお父さんから逃げたくなったからです。

 

 

もしかしらお父さんが嫌だったのではなく

ラーメン屋さんの狭い空間から

逃げたくなったのかも知れません。

 

 

しばらく離れて暮らしていたし、脳梗塞になった時に

心配したから嫌いではないことに

気づいてはいたと話てくれたそうです。

 

 

娘さんとしては、孫の世話をしてくれるので一緒に

暮らしていても良かったけれど、やはり狭いので

近所の団地に引っ越ししてもらうことになりました。

 

 

お母さんはまだ働けるのでパートに出て、

お父さんはやれる範囲で家事をしています。

 

 

ラーメン屋さんの時とは違い、1日中

顔を付き合わせてはいないので

うまくいっているそうです。

 

 

歳をとっていても子はかすがいですね。

 

離婚 タイミング

 

病気がきっかけで結婚するってよく聞きますが

病気がきっかけで復縁っていうのもあるんですね。

 

 

お金や女の人が原因ではない場合は

復縁は可能と言えそうです。

 

 

お父さんは、お願いだ離婚しないでくれと

言わずして離婚回避できたのは

やっぱり縁があったんだと思います。


スポンサードリンク

 

タグ :  

離婚回避方法

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク