AX

夫婦は他人か

離婚回避の方法

夫婦は他人か?他人だから夫婦がしなければいけないこと

読了までの目安時間:約 5分
別居 夫婦の絆

夫婦は他人か?

他人だから夫婦がしなければ

いけないことがあります。

 


スポンサードリンク

 

互いを好きになり結婚した方、

もしくはそうではない方もいると思います。

 

 

どちらにしても縁があり

一緒になったからには

穏やかに添い遂げたいものです。

 

 

ここでは、私が考える離婚回避方法を

いくつか挙げていきたいと思います。

 

 

感謝を忘れないことが大事

 

 

まずは、自分の主張ばかり

述べないということです。

 

感謝 忘れない

 

仕事のこと、育児のこと、お金のこと、

家事のことなど、夫婦ともなると

付きまとってくるのは生活に関する問題です。

 

 

これらの事柄で起こる問題を

話し合おうとすると

お互いの性格に起因することが多いです。

 

 

そのため自分の主張ばかりしていくと

相手にとって

重大なストレスとなってしまいます。

 

 

そのため、話し合うたびにストレスを

貯め続けることになり

破綻し、離婚となってしまいます。

 

 

自分の主張ばかりを通すのではなく相手が、

どういった考えの元でそうしたのかきちんと

聞く必要があると思います。

 

感謝 忘れない

 

そして、感謝の思いを忘れないことです。

 

 

一緒に暮らしていると、「やってもらって

当たり前」の事が増えてくると思います。

 

 

ですが、「やってもらって当たり前」の

事柄なんてないんじゃないかなと

私は考えます。

 

 

仕事してもらって当たり前、子供の面倒を

見てもらって当たり前、掃除、洗濯、炊事を

してもらって当たり前と思ってはいけません。

 

 

生活に欠かせないことといえ

これら全てにおいて言えることは

どれもとても大変だということです。

 

 

お互いに相手を24時間

見ていられるわけではありません。

 

 

仕事と一括りで言ってもその蓋を開けてみると、

自分の想像を超える苦労があるはずです。

 

 

家事だって育児だって、一括りで言ってしまうと

「それだけ」と思う方もいるかもしれません。

 

 

こちらも蓋を開けてみると、マルチに

色んなことをしていかないといけない

苦労があります。

 

感謝 忘れない

 

様々なスキルが必要で、苦手なことだって

根気よく、毎日こなしていかなくては

なりません。

 

 

それなのにそれくらい「当たり前だろ」と、

感謝の心を麻痺させてしまうと、

互いに存在意義を見失ってしまいます。

 

 

そして、しまいには外に

存在意義を求めるようになってしまっても

誰も責められないと思います。

 

 

「やってもらって当たり前」は

危険な思想です。

 

 

「やってくれてありがとう」と感謝の気持ちを

持つことが大切です。

 

 

互いを尊重する大切さ

 

 

そして、互いを尊重することです。

 

互いを尊重する

 

長く一緒にいるからと言っても、

夫婦は他人です。

 

 

個々の人物です。

 

 

それぞれに自分の考えがあり、

そして苦労があります。

 

 

自分にとってちょっとした事だと思ったとしても

労を労い、互いに感謝を忘れずに

伝え合うことが大切だと思います。

 

 

離婚回避について考えを

述べてみましたが、如何でしたか?

 

 

常日頃から、互いに感謝をし合えば、

「離婚回避」とは縁遠い

日常を送れるのではないでしょうか。


スポンサードリンク

 

タグ :  

離婚回避方法

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク