AX

喧嘩 離婚話

離婚回避の方法

喧嘩から離婚話になってしまった時に

読了までの目安時間:約 5分
夫 イライラしてる

喧嘩から離婚話になってしまった時に
離婚回避できる対策法
紹介します。

 


スポンサードリンク

 

結婚して4年が経とうとしてしますが、
私はこれまでに一度大きな喧嘩をして
はっきりと離婚したいと言われた事があります。

 

 

喧嘩の原因は夫の仕事を軽視した発言からでした。

 

 

そんな、些細な口喧嘩ながら「離婚したい」とまで
言わせてしまった事には今でも反省しています。

 

 

夫婦で尊重し合うということ

 

 

喧嘩の流れから離婚したいと言われた
私の復縁方法は「役割分担」を明確にした事です。

 

夫婦 尊重

 

今までは付き合いが長かったせいもあり、
他愛の無い話を気兼ねなく話せていました。

 

 

しかし結婚となると共同生活なので、
なんでもかんでも言えば良い
という事ではありません。

 

 

よく結婚は相手を尊重する事で
上手くいくと言われていますが、
まさにそうだと思います。

 

 

ただ、相手の気持ちを尊重する為に
必要な事は明確な役割分担だと思います。

 

 

私たち夫婦は喧嘩後に数日は

口を聞くこともなく、このまま

「離婚かな」と漠然と考えていました。

 

 

役割分担を夫婦で話し合う

 

 

ただ、数日経って私自信が冷静になってから
話合う機会を設けたいと
夫に伝えて話し合う事に。

 

役割分担 夫婦

 

この時、私はただ話合うだけではなく
今のお互いの状況を紙に書き出して
お互いで整理しようと提案しました。

 

 

夫は意図を把握仕切れていなさそうでしたが、
渋々了承してくれ
互いに紙に書いていきました。

 

 

まず、私の夫婦生活での役割と仕事上での役割を
書き出し、それぞれどんな責任があると
認識しているかを夫に伝えました。

 

 

それに対して、夫が「こういった事も求めている」とか
将来的に子供ができた事を考えて「ここまでは
必要ないかな」等アドバイスをもらいました。

 

 

次に夫の方も同様に夫婦生活での役割と
仕事上での役割を書き出しました。

 

 

そこで、夫の場合は家庭の延長線上に
仕事があり、家庭を充実させるための仕事という
位置づけであるという事を理解しました。

 

役割分担 夫婦

 

面倒な作業と思いがちですが、この様に整理した事に
よって、私が軽視した仕事が自分達の生活への軽視にも
繋がるという意識の低さを感じる事ができました。

 

 

お互いの気持ちを理解し、役割分担を明確にした事で
私自信が口を出して良いことと指摘しては
いけない事を理解する事ができました。

 

 

夫婦で理解し合う大切さ

 

 

そうする事によって初めて
夫の行動や言動を尊重できるように
なったと思います。

 

夫婦 理解

 

おかげで改めて「離婚したいか?」を
聞いてみたところ、気持ちを理解し合った事で
その気持ちは無くなったとの事でした。

 

 

むしろ、復縁してからの方が
仲良くなっていると思います。

 

 

即効性のあるテクニックなどではありません。

 

 

しかし、ただ話し合うだけでなくお互いを
尊重する為に話し合い、一度明確な
「役割分担」をしてみると良いと思います。


スポンサードリンク

 

タグ :   

離婚回避方法

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク