AX

離婚 安易

離婚回避の方法

「離婚」と安易に口にしない

読了までの目安時間:約 5分
離婚 安易

大好きな夫に離婚したいと言われた経験、

ありませんか?

 


スポンサードリンク

私たち夫婦はともに20代後半で

結婚をしました。

 

 

新婚から間もなく、むしろ私が些細なことで

上手くいかない、気にくわない事があるごとに、

離婚、離婚と騒いでいました。

 

 

最初の1、2ヶ月は、『夫は離婚は

死んでもしない。』と、

力強く引き止めてくれていました。

 

 

しかし、毎日言い合い、睡眠不足が加速する日々で、

2人とも心身ともにおかしくなっていきました

 

 

離婚と騒ぐのは本気で離婚したいと思ってから

 

 

次第に、喧嘩すると、『離婚しても俺は何も困らない、

こんなにお互い傷つけ合うなら離婚したい。』と

躊躇なく言ってくるようになりました。

 

離婚 騒ぐ

 

最初のうちは、『私のこと好きじゃないなんて、

契約違反、ひどい。』と、支離滅裂な発言を

ただただ相手に投げていました。

 

 

そうです、いつの間にか私は可愛いかまってちゃんの

域を超え、わがままで面倒な女にステップアップして

しまっていました。

 

 

喧嘩を繰り返す日々で私は、このままじゃ

捨てられてしまうという恐怖に苛まれ、

苦しい時期を過ごしました。

 

 

その中で、嫌い、離婚したいと言われることは

とても辛いことだと、自分が言われて初めて心から

気づくことができました。

 

 

離婚したいと相手に伝える時は、安易に口にせず、

本気で離婚したいと思い、離婚後の生活準備が

済んでからがよいと思いました。

 

 

ではないと、離婚、離婚と騒いでいるうちに、

相手も離婚するしかないという気持ちに

変化していきます。

 

 

例えるならば、職場の上司に辞めたら、辞めなよ、

向いてないよと、言われ続ける感覚と

似ているように感じます。

 

 

誰しも、初めのうちは、我慢しようと

耐えていたものが、次第にやめなきゃと

追い込まれてしまいます。

 

 

自分の気持ちに素直になることが大事

 

 

夫婦だけではなく、全ての人間関係に

言えることですが、他人同士の人間が分かり合うには、

言葉がとても重要になってきます。

 

自分の気持ちに素直になる

 

何を話すかというよりも、マイナスの感情に苛まれた

中で言葉を投げかけ合うということが

よくありません。

 

 

お互い不安定になり、上手くいくものも

上手くいかなくなってしまうように感じます。

 

 

マイナスな発言をしてしまう背景として、他人同士が

共に生活し、多くの時間を共有すると、必ずといって

いいほど、甘え、気の緩みが出てくるという事です。

 

 

そして、余計な発言が

互いに増えていくことだと思います。

 

 

つまり、気の遣えるいい人のままではいられなくなる

時間が増えていきます。

 

 

今のところ相手が思い留まりいてくれるのは、下記の

言葉を実行したことが私的には大きかったです。

 

 

それは、周囲の大人に、離婚したいと言われたと

相談した時に言われた言葉です。

 

 

『あなたはどうしたいの?離れたくないんじゃないの?

だったら自分の気持ちに素直になって、寂しいよと

伝えればいいんじゃないの?』

 

 

『相手がどう出るかより、自分の気持ちに素直に

なることが大事なのでは?』と、言われ、

実行したことで今があるように思います。


スポンサードリンク

 

タグ :  

離婚回避方法

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク